電子契約を導入する際の注意点とは?

電子契約を導入する際の注意点とは?

電子データの取り扱いなどで便利な電子契約サービスですが、導入にあたってはどのような注意点を確認する必要があるのでしょうか。
まず注意するべきなのが契約を交わす相手方の都合です。
電子契約は開始されてからまだ歴史が浅く、導入していない企業も多数存在しています。
相手によっては受信するために新しいサービスに加入してもらったり、使い方を覚えてもらったりといった手間が必要になります。
スムーズに電子契約を採用するためには、相手の同意も必須となります。
また、書面での締結が求められている一部の契約については利用することができません。
使用しようとしている契約の種類をあらかじめ確認しておきましょう。
相手方にとって使いやすいサービスを選んでいるかどうかも、注意するべきポイントです。
自社では馴染んでいるサービスであっても、相手方にとってはそうではない可能性もあります。
契約は一社に行うものではなく必ず相手が存在します。
相手の事情や都合を考えることも必要です。

電子契約書のセキュリティーは大丈夫なのか?

電子契約書を使用しての契約が、現在主流となってきています。
在宅ワークやオンラインでの商談が増えたこともあり、現在は多くの企業で手ごろさと場所をくわないことから採用されてきているのです。
では電子契約とはどういったものなのか?セキュリティーは大丈夫なのかを調べてみました。
問題となってくるセキュリティーですが、公開鍵といわれるパスワードがあるので、特定のアクセスできないので安全です。
本人以外はアクセスできないので、タイムスタンプという技術を利用することで、法的効力まで担保されるのです。
タイムスタンプはいつどこで契約を締結したのかが記録されるので、改ざんしていないことの証明にもなります。
そのために印鑑は必要ありません。
タイムスタンプを使用することで、具体的に契約書がいつされたのか、証明することができるのです。
電子署名だけではいつ取り交わされたのかはわからないですが、タイムスタンプを使用することで誰がいつどんな契約をしたかを証明できるのです。

著者:田村公江

筆者プロフィール

岐阜県岐阜市生まれ。
在宅ワークに役立つ、電子契約の種類やメリットについて発信しています。